4/28はプレミアム・フライデー

Pocket

2月に始まったプレミアム・フライデーの3回目、4月28日です。巷では定着しつつある?
東京駅の丸ノ内側、皇居に向かう行幸通りの地下通路では毎週金曜日にマルシェが開催されます。その名も青空市場!地下だけど天候に左右されない、晴れの日ともいえますからね。


毎月最終金曜日はプレミアム・フライデーにちなんだプレミアム・マルシェです。それぞれの店舗では、この日用の特価商品が並び、抽選会も催されます。
家に帰るにはちょっと早い時間、ぶらっとお買い物はいかがですか。

2月の抽選会の様子です。トートバッグがかわいい!

ヒルズ・マルシェTuesday 始まります

Pocket

赤坂アークヒルズのカラヤン広場で毎週土曜日に開催しているヒルズ・マルシェ。5月9日から毎週火曜日11:00~19:00にミニ・マルシェが始まります。
会場は同じカラヤン広場です。ミニ版ですので、当初の出店数は10店舗程だそうです。
土曜日同様、こちらもよろしくお願いします。

SOILの「よい土」とは

Pocket

窓枠や外壁ににつたう花の風景を作ろうと、つるバラを始めて6年になります。ともかく丈夫な品種をと植えた苗が、アンジェラとつるアイスバーグです。南側の良い場所だったこともあり、伸びすぎて困るぐらい毎年枝を伸ばし、たくさんの花をつけています。

2016/5

バラは肥料食いといわれますが、育成のマニュアルに従うとそこそこ忙しい作業の連続になります。施肥の回数を減らすことでマイナス面もあるだろうけど、土さえ丈夫ならなんとかなるだろうと思ったのは、それ以前のガーデニングの失敗の経験からです。
植え付けのときは、瓦礫と生活ゴミがいっぱいの土を掘って掘り返してふるって耕し、ふかふかの土に戻す作業だけは手を抜かずにやりました。

2016/5

土だね、やっぱり!
SOILの土は、それを科学的に証明し、農産物に最適な土壌を作り出します。

安全な食べ物ってなんだろう?有機農法なら安心かなと思うのですが、もし、有機認定の農薬を多く使っていたらどうなのだろう。減農薬栽培でも、農薬の使用量や回数は減らしても、強い農薬を使っていたらどうなのだろう。

安全な農産物は、野菜本来の力強さを活かすことができる農法で作られたものじゃないかと思うのです。
ミミズや微生物に聞けるなら聞きたいところです。ここの居心地はどうですか?と。

SOILの土について詳しく知りたい方は、株式会社DGCテクノロジーのサイトをご一読ください。

SOILのニンジン

Pocket

SOIL BIODIVERSITY PROJECTという活動があります。土壌微生物多様性・活性値に着目したプロジェクトで、微生物の豊かさで土をもっと元気にして、その土でおいしくて安全で力強い野菜を作ろう!それを食べよう!ということです。

SOILのニンジン 黄と紫がそうです。

SOILの土は、多様な有機物によって分解されます。病原菌がはびこることがとても難しい、云わば、とても健康な土壌環境を作ります。
環境負荷の少ない安心・安全な農産物を作るにはなくてはならない、農産物の寝床です。

当社のオリジナル・ブランド「Food & Kurashi ピオニエーレ」では、こうしたSOILの土で育まれた野菜を材料に使った商品の開発をすすめています。只今、試作品を研究中です。商品化はしばらく先になりますが、SOILの情報は少しずつお伝えしていきます。